自然な仕上がりなら自毛植毛

薄毛を隠す方法には、かつらや植毛と言った方法がありますが、どうしても違和感が拭えず周囲にかつらであることが知られてしまったり、自毛に人工毛を結び付けて毛の本数を増やすだけの人工毛植毛では、アレルギーが起こったり、何度も繰り返すことことにより、植え込んだ部分の頭皮がデコボコになったり、 発赤(皮膚が赤くなる)などの症状が出ることがあります。特にかつらの場合、被るだけで頭髪密度を補え、広い範囲の薄毛のカバーにはなりますが、風の強い日などは特に「人前で取れるかも」と言う不安が付きまとう上、被らないときとの落差が大きいので、人前で外すことが出来なくなると言う心的負担にもつながります。そんな中、自分の頭皮から採取したドナーの毛根を移植する自毛植毛ならば、植毛する毛が自毛の為アレルギーを引き起こすこともなく、安定さえすれば、アフターケアも不必要となります。また、毛母細胞ごと移植することにより植毛後の髪の毛はふつうの毛と同様に育っていくので、自然な仕上がりとなり、頭皮のケアさえしていれば、生涯生え続ける髪を手に入れるという理想の治療法です。

育毛や養毛と言う手段もありますが、長い年月がかかり、治療を続ける限り支払う金額の累積も増すため、気が付いたら膨大な金額になりがちですが、中途半端な所で中止してしまえば元の状態に戻ってしまいます。自毛植毛は、一度の金額では大きく見えるかもしれませんが、一度治療すれば終わる自毛植毛ならば、時間の短縮に繋がり、長い目で見た時にはかなりのコスト削減になっていると言うメリットもあるので、注目されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です