わきがの症状の度合いと、わきが治療について

わきがと言うのは、腋の下の皮膚の奥にある汗腺組織のうち、アポクリン腺から分泌される汗が原因で起きるもので、アポクリン腺から分泌される汗には臭いと言うものは在りません。しかし、この汗が皮膚にある雑菌を混ざり、分解が行われることでわきが特有の臭いとなって現われるのが特徴です。わきが治療は、アポクリン腺から分泌される汗をコントロールする事で行うのが特徴で、箭除法による手術でわきが治療が行われたり、切らずに治療が出来ると言うマイクロ波を利用した方法なども在ります。尚、わきがの症状と言うのは個人差が在るのが特徴です。

中には自分ではわきがと気が付かずに、家族などにわきがであることを知らされることもあります。そのため、症状は軽度なものから重度なものまで様々であり、症状の度合いにより手術などをしなくても緩和出来るケースも在ります。例えば、経度の症状の場合は、臭いもそれほど強くはないため、制汗スプレーを利用する事で汗の量を減らすことが出来ます。また、わきがは汗と雑菌と混ざって分解が進む事で臭いが現われるため、皮膚を衛生的に保てるように、消毒などをすることでわきがの症状を緩和する事が出来ます。

更に、美容皮膚科などではボトックスを利用した方法で症状を緩和させることが出来ます。ボトックスの場合は、3ヶ月から半年程の持続期間が在るため、汗を多くかきやすい夏前に行っておけば、暑い時期のわきが対策にも効果を持たせることが出来るなど、症状の度合いに応じて色々なわきが治療法が在ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です