傷痕が残らないわきが治療

アポクリン腺から分泌される汗はわきがの原因になる汗なのですが、この汗自体位はわきが特有の臭いは在りません。しかし、アポクリン腺から分泌される汗が皮膚に在る雑菌を混ざってから分解されると、わきが特有の臭いになるのです。軽度のわきがの症状を持つ人の中には自分がわきがであることを知らないケースもあり、家族などから臭いについての話を聞くことでその時初めて自分がわきがであることが解るケースもあります。わきがは病気ではないのですが、特有の臭いが生じる事からも、症状を持つ人の中にはわきが治療を受けたいと考えるケースが多いのです。

わきがはアポクリン腺の汗腺組織から分泌される汗と雑菌が混ざる事で臭いが生じるため、汗をコントロールする事と、皮膚に雑菌が発生しないように消毒を行うことなどが予防策となります。軽度の症状であれば、デオドラントスプレーを利用して汗の量をコントロールして、腋の下などの雑菌防止の目的で消毒薬などを利用して衛生的に保つことで症状を緩和させることも出来ると言います。しかしながら、重度のわきがの場合は、このような方法では緩和させることは難しくなります。わきが治療にはアポクリン腺を切除する方法が主力と言われていたのですが、最近のわきが治療は傷痕が残らないなどのメリットが有ります。

わきが治療はアポクリン腺を切除する外科的手術で治療が進められて行くのですが、この方法では傷痕が残る事になります。そのため、最近は切らずに治療が出来る方法に注目が集まっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です