切らないで出来るわきが治療について

アポクリン腺と呼ばれている汗腺組織はわきがの原因となる汗が分泌される部分です。一般的に、わきが治療はこのアポクリン腺を切除する方法で治療が可能になりますが、手術を行う医師の技術などにより再発するケースもあると言われており、わきが治療をこの方法で行う場合は治療実績が多数あり、しかも口コミなどの評判が高い病院を選びことがコツだと言います。また、アポクリン腺を切除する時は目視の状態で行う事になるため、綺麗に切除が出来ることでわきが治療の質も向上すると言います。しかしながら、この方法は麻酔を行って皮膚を切開するため、麻酔によるリスクと切開した部分の傷痕が残ると言うデメリットがあります。

何らかの理由で麻酔を受ける事が出来ない人、傷痕が残るのが嫌だと言う人などの場合は、別のわきが治療法を選択する必要があるわけです。最近は切らずに治療が出来ると言われている方法が有ります。これは皮膚にマイクロ波を照射させることでアポクリン腺から分泌される汗の量をコントロールする事が出来る方法で、何度かのマイクロ波の照射を続けることで汗の量を減らしてのわきが治療が可能になると言われています。外科的手術をせずに治療が出来ることからも注目されている治療法の一つでもあるのです。

尚、わきがと言うのは臭いが特徴の症状であり、汗の量が多くなることで臭いは強くなります。また、臭いは自分では解らないと言うケースも有り、家族などからわきがで有ることを知らされるケースもあると言われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です