糖尿病の包茎手術は炎症を予防できる

糖尿病の疾患を持つ男性は包茎が進行することがある、これを予防するためには包茎手術が良いといわれています。炎症は包皮や鬼頭部分に生じるもので、痛みや痒みなどが伴います。薬を使うことで一時的に改善はできるけれども繰り返し炎症が生じることになり、やがけ皮膚に亀裂などが入ると痛みはさらに強くなるなど早期の包茎手術が必要不可欠です。糖尿病になるとバリア機能なども低下するため、治りが遅くなるので炎症が起きるリスクも高くなるわけです。

包茎には仮性包茎や真性包茎などがありますが、仮性包茎の場合に炎症が繰り返し起きると包皮と鬼頭の癒着が強まり、これにより包皮の締め付けが強くなるので包茎が進行し従来皮を剥くことができた場合でも、このような状態になると皮を剝くことが困難な状態になります。皮を剥けるときには、お風呂の中で汚れを落とすことができてもそれが困難な状態になれば衛生管理ができなくなる、臭いなどの原因にもなりかねませんので早めの包茎手術が欠かせません。糖尿病で包茎が進めば痛み・かゆみなどで生活にも支障をきたしてしまう良いことはありませんが、包茎手術を受ければ痛みやかゆみなどがなくなる、衛生管理もしやすくなるしさらに炎症のリスクもゼロに導くことができるメリットがあるわけです。なお、鬼頭包皮炎は糖尿病の疾患を持つ男性に多い症状で、軟膏を利用することで一時的な改善は可能でも、再発を繰り返すので包茎手術が有効とされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です