糖尿病のケアと包茎手術

動脈硬化やメタボリックシンドロームや痛風や脂肪肝や脂質異常症や高血圧症など、食べ過ぎや運動不足や加齢などが原因となる生活習慣病には様々なものがありますが、その中でも最も多くの人が悩まされていて厄介な性質を持つものと言えば糖尿病です。糖尿病は血中の血糖値が常に高い状態となり、血糖値をコントロールする役割をするホルモンのインスリンが上手く分泌されなくなるという疾患です。糖質の過剰摂取や肥満や運動不足やドカ食いや早食いなどが要因となります。糖尿病を発症すると食事制限を強いられ好きなものを食べることが出来なくなってしまいますし、定期的なインスリン投与も必要になり生活において不便が生じます。

合併症の問題を伴うというのも糖尿病の厄介な点で、男性特有の悩みである包茎も代表的な合併症の一つです。皮が被った状態になるのでその中に汚れが蓄積され不衛生な状態になり悪臭が発生する、見た目の悪さがコンプレックスとなり恋愛に対して積極的になれない、勃起に伴う痛みや肌環境の悪化による痒みなど不快な症状がつきまとうなど、勃起によってもたらされる悪影響は計り知れません。悩んでいるなら、早めに包茎手術を受けるべきです。真性包茎やカントン包茎の場合は保険適用となり包茎手術の費用もさほどかかりませんし、治療実績が豊富で安定的な医療サービスを提供している大手のクリニックなら失敗のリスクを気にする必要もありません。

糖尿病の男性や血糖値が高い男性は、包茎手術に加えて血糖値コントロールも同時に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です