包茎手術と糖尿病治療

テストステロンの分泌が不活発になりメンタルに不調が出たり倦怠感や頭痛などの体調不良に見舞われたりする男性更年期障害、生え際や分け目や頭頂部を中心に髪の毛が全体的に薄くなる男性型脱毛症、加齢や精力減退や性欲低下や肉体疲労やストレスで勃起不全に陥るED、お腹まわりの脂肪が増えて中性脂肪値や悪玉コレステロールや内臓脂肪レベルや肝機能数値や血糖値が上昇するメタボリックシンドローム、歯周病に伴う口臭や頭皮から漂うミドル脂臭やアポクリン腺から分泌される汗の臭いやノネナールによる加齢臭など、男性特有の体や心の悩みには様々なものがありますが、包茎もその代表的なものです。包茎に悩まされている男性は意外と多く、汚れや垢が皮の中に溜まって嫌な臭いがしたり勃起したときに激痛が走ったり恋愛に積極的になれなかったりなど、様々な問題がついてまわります。問題の解決方法として最も有効的なのが、包茎手術を受けて皮を取り除き亀頭を露出させるという方法です。包茎手術を受ければ物理的な問題が解決され、自信や勇気がわいてきてメンタル面にも良い影響がもたらされますが、糖尿病を患っている男性や糖尿病予備軍の男性は注意が必要です。

糖尿病が包茎の症状悪化のリスクファクターになり得るからです。包茎手術で物理的問題が解消されたら、リスクファクターを取り除くための糖尿病治療や予防対策も同時に行いましょう。インスリン注射や食事制限や運動で、血糖コントロールをすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です