糖尿病による悪化を改善する包茎手術

包茎の状態を放置していると年齢を重ねていくことや、生活の乱れなどが原因による生活習慣病により、ペニスになんらかの症状が現れることがあります。生活習慣病の中でも糖尿病は肌の荒れやたるみなどを引き起こすことが多く、ペニスに悪影響が多く発生します。糖尿病になると血流が悪くなり、肌に悪影響を及ぼし、このメカニズムは血液の中を流れる糖が過剰になりタンパク質と結びついて糖化することで老化物質が発生するからです。この作用は包茎で亀頭を包んでいる包皮にも影響します。

糖尿が悪化すると身体全体の皮膚にしわやたるみ、乾燥などの症状が現れ、包皮もかさかさになったり、荒れてひび割れなどを生じることがあります。ひび割れもが起こると排尿時に痛みが起こり、このような状態では日常生活はもとより性交もうまくいかなくなります。勃起時には亀頭が露出する仮性包茎の場合も、包皮の弾力がなくなることで亀頭が露出しない真性包茎の状態になることもあります。目に見える症状以外にも血流が悪くなることで炎症を起こしやすくなり、包皮炎などの重い症状を引き起こすことがあるので治療が必要です。

治療は包茎手術で包皮の亀裂した箇所や炎症の部分を切除し、症状を改善させます。包茎手術は余分な包皮を取り除くことで亀頭を露出させ、排尿時の痛みやセックスをスムーズにできるようにするもので、糖尿病のある人は一般の外科では包茎手術できないこともあるので、専門の施設で治療することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です