包茎手術を受けたら糖尿病対策も

男性としての自信が持てず女性との交際に対して消極的になってしまい恋愛経験を積めない、殺菌作用がある洗浄力に優れた石鹸やボディーソープで丁寧に洗わないと悪臭が漂ってしまう、皮の内側にホコリや下着の繊維や垢などの汚れが溜まり不衛生になりがち、勃起時に激しい痛みが出てしまい性行為をする際に不安感や恐怖心がつきまとうなど、包茎にまつわる深刻な悩みを抱えている男性は多いのではないでしょうか。悩みや恐怖や不安やコンプレックスを取り除いて自分の下半身に自信を持ちたいなら、クリニックで包茎手術を受けるべきです。外科的治療ですので痛みや菌が入り込むことによる感染症や失敗などのリスクは伴いますが、背に腹は代えられません。症例数が多い豊富な治療実績を持つクリニックを選んで経験豊富な腕の良いドクターにお任せすれば、万全の安全対策で患者さんに負担の無い手術を施してくれます。

包茎手術を受けてある程度の問題が解決したからと言って油断は出来ません。糖尿病を患っているとその合併症として包茎の症状が悪化することがありますので、包茎手術をしたら同時に糖尿病の改善や予防の対策も積極的に行うべきです。糖尿病対策として日常的に努めるべきこととしては、甘いお菓子や炭水化物やジュースなど糖質が多く入っている食べ物や飲み物はなるべく口にしない、糖質を摂る際はその食べ物のGI値に着目し血糖値が上昇しにくい低GI値の食べ物を選ぶようにする、食後の運動を習慣づけて血糖値の上昇を抑えるなどがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です