植毛の技術や方法について

一昔前まで「植毛」というと、人工の毛を、増やしたい部位に植え付けていく施術が一般的でした。人工毛の植毛では、比較的手ごろな価格で増やしたい量を自由に決めることができる点が魅力です。その一方、人によってはアレルギーを起こしてしまったり、見た目が不自然に感じられる場合があり、イメージと違ったと感じる方もみられます。こうした点を踏まえて、最近、増えてきているのが自毛植毛です。

自分の毛を移植するため、アレルギーを起こす心配がないので安心できます。また、移植した部位の毛は、毛周期に従って自然に生えたり抜けたりするため、手入れの必要がなく、見た目も自然です。自毛植毛にもいくつかの種類がありますが、最近、注目されているのが、メスを使わずに移植することができる「FUE」という手法です。FUEでは、直径が1mm程度のとても細いパンチを用いて、移植する毛根をくり抜くように採取していきます。

採取した部分の傷跡は、ごく小さくて済みます。移植はピンセットを用いて、スリットに行っていきます。薄毛の木になる部分に効果的に増毛することが可能です。その一方で、1回あたりに採取できる毛根の量が限られているため、広範囲の植毛は難しい面もあります。

こうした場合には、広範囲での施術が可能なFUTと呼ばれる手法が併用されることもあります。FUTは毛包単位で株分けを行って、植え付けを行う手法です。生着率の高さから、広く浸透しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です