最終手段として植毛がある

薄毛対策の最終手段が植毛という選択になるのが現状としての薄毛対策になります。現在効果的な治療薬がありますが、人によって効き目がない場合もあり、残念ながら満足できない結果になってしまうこともあります。そのような人たちの最終手段である植毛について、あまり知らない人も多いでしょう。よく増毛と植毛を一緒にしてしまう人がいますが、まったく異なる施行技術です。

増毛は現在ある髪に対して装着する施行技術になりますので、その髪の毛が抜け落ちれば当然頭髪を失うことになります。一方植毛というのは、現在自分の頭皮にあるこれからも生え続ける毛根を取り出して、薄い部分に植え付けることになりますので永久的に生え続ける可能性が高いです。植毛をするとAGA治療を行ったようなことが起こります。まず植え付けることで毛根は休止期に入っていることから、いずれ植え付けた髪の毛は抜け落ちることが多いです。

そのあとから正常な髪の毛が生えてきますので、AGA治療と似たような経過になります。2、3か月で発毛していき、徐々に強く太い髪の毛に成長していきます。このような経緯をしっかりと説明してくれるクリニックに相談し、そして手術を受けるようにしましょう。手術の出来具合もあり、経験と実績がないクリニックで受けると失敗をしてしまうことがあります。

よってクリニック選びは非常に重要と言えるでしょう。巷で人が集まり、そしてカウンセリングを受けて信頼できるクリニックで受けるようにしてください。亀頭増大のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です