品川のクリニックで行われるコンジローマ治療法

性病と聞くとぞっとする人が多いのではないでしょうか。発見が遅れて悪化してしまうと命に関わるような場合も少なくないからです。性病の多くは不特定多数の人と性行為を行うことによって広がっていきます。そのため複数の人と性的関係を持っている場合には細心の注意が必要です。

性病の一つにコンジローマと呼ばれるものがあります。品川の専門クリニックでも大勢の患者さんが治療に訪れており、国内では年間5、500人近くの方は感染しています。男女比では男性の方が多い傾向がありますが、実はペニスにイボのようなものができるので発券しやすいからだという説もあります。女性の場合は膣の中が入口、外陰唇などにできやすく、よく見ないとわかりにくいのです。

コンジローマを発症させるウイルスは通常良性なのですが、中に悪性が紛れていることがあります。悪性ウイルスが紛れていると癌化する恐れがあり注意が必要です。コンジローマの感染が疑われる場合には、すぐに品川にある専門クリニックを受診し検査を行うことをおすすめします。医師が肉眼で見ればすぐにわかります。

感染していることが明らかになれば、すぐに治療しなければなりませんが、品川のクリニックでよく行われるのは、液体窒素が付けた綿棒をイボに押しつけて、壊死えしさせる方法です。これを凍結療法と言います。ただ再発しやすいため1~2週間おきに繰り返す必要があります。また、薬物による治療も可能です。

完全にウイルスを死滅させるまで治療を続けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です