品川でコンジローマ治療を希望するなら

性病といわれる病気にも多くの種類がありますが、コンジローマは陰部に小さなイボができることが特徴的です。イボができていても、小さいものということもありますし、痛みなども特にないことが多いのでできていても気づいていない人も少なくありません。気づいていても、他に症状がないからと放置している人もいるのではないでしょうか。コンジローマは、放置していると、パートナーなどほかの人にも感染する可能性があります。

それゆえ、感染を広めないためにも、早めに治療をすることが大事です。品川では皮膚科や性病科などで対応してくれますので、症状に気づいたら早めに治療を開始しましょう。品川でのコンジローマ治療にも様々な方法が用意されていますので、それぞれに合う最適な治療方法を選びましょう。まず、手軽にできる治療方法では軟膏の塗布があげられます。

軟膏を塗ることでウイルスに対する免疫力を高め、イボの増殖を抑えていきます。簡単な方法ですが、イボがなくなるまではそれなりに時間もかかります。イボが消えたあとも、再発を防ぐためにしばらく治療を続けることになります。品川では、液体窒素によるイボを取り除く治療も行われています。

低温でやや痛みもありますが、麻酔なしでも行える治療です。再発を防ぐために軟膏での治療が併用されることもあります。このほかでは、電気メスや炭酸ガスレーザーなどで直接切除する治療も用意されています。手術は、対応していない医療機関もありますので、品川の医療機関ではどんな治療が行われているのかどうかは良く確かめておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です